代表あいさつ

専門商社として培った技術ノウハウ、業界トップシェアを誇る企業

私たちは、その昔「船具屋(せんぐや)」と呼ばれていた船の資材を扱う専門商社です。専門商社として培った技術を活かし、客船の厨房設備からホテルの厨房設備へ、船内の自動搬送システムから図書館の自動搬送システムへ、船上の甲板からボードウォークへと、陸上資材まで事業領域を拡げています。船では、造船・海運・水産に必要な資材を全て取り扱い、救命具の整備においては国内トップシェアを誇ります。当社の成長を支えるのは、国内有数の造船会社と近い地理的要因はもちろん、下関から外に出て別航路に拠点を開設するという自らチャレンジする企業姿勢です。整備士の育成や高度な技術でも他社との差別化を図っています。

代表取締役 村上博史
代表取締役 村上博史

シモセン流 ひとのあり方、仕事のあり方について

———— 新卒採用で夢と人の層の厚みを増し、「日本一の船具商」をめざす。

当社の強みは、救命具の整備だけでなく商社機能を併せ持つことです。貨物船なら1つの家、客船なら1つの町というように、毎日使う消耗品から救命設備まで幅広く扱います。そこで目標としているのが、「日本一の船具商」になることです。今後も少子高齢社会でシュリンクが進む日本で生き残るためには、「日本一の船具商」となり、確固たる土台を築く必要があります。その実現のため、約20年前から新卒採用にこだわり、夢と人の層の厚みを重ねてきました。私のデスクを含め、社員全員のデスクがワンフロアにあり、風通しが良く面倒見のいい先輩や上司に恵まれる職場では、人と人のコミュニケーションを大切にしながら若手が活躍しています。

人と人のコミュニケーションを大切にしながら若手が活躍
———— “シモセンパーソン”とは、リーダーシップと思いやりのある人。
シモセンパーソンとは、リーダーシップと思いやりのある人。

時代の流れを踏まえ、本人の頑張りが報われる評価制度をつくろうと、役員や総務と話したことがありました。ところが、いざ評価項目をつくろうとすると、誰の頭の中にもアイデアが浮かびません。では、理想のシモセンパーソンとはどんな人かと問うと、「明るい人」「会社に実績を残した人」など、次々と意見が出てきました。全社員のアンケートから見えてきたのも、夢や目的のためにものごとを変えていこう、一生懸命やっていこうという強いリーダーシップ。そして、思いやりでした。仲間のため、お客様のため、家族のために行動できるリーダーシップと思いやりがある人こそ、“シモセンパーソン”だと考えています。

———— 海の物流を支え、海の安全を担う誇りを持ち、会社の未来を築く。

当社は、業界で知らない人はいないほど、小さくとも特色のある会社です。真面目にコツコツ取り組んでいると、ある頃からシモセンの仕事が業界のため、社会のために役立てていると思える瞬間がきっと訪れます。海の物流を支え、海の安全を担っているのだという実感が生まれてくるはずです。業界の底辺を支えているといえば大袈裟かも知れませんが、それくらいの気持ちが必要だと思います。次の世代に会社を引き継ぐまであと10年ほど。後継者を育てるためには、これからの5年間が本当の勝負だと考えています。これから入社される新卒の皆さんこそが、私が最後に目を掛ける人になると思います。大きな志を持つ皆さんとの出会いを楽しみにしています。

株式会社 シモセン