トピックス(更新&お知らせ)
今月の元気印
会社案内
代表取締役ごあいさつ
会社概要・組織図
Photo History
法定救命具整備
取扱資材・サービス(納品実績)
船舶・造船資材
水産資源
土木・建設資材
産業資材
ワイヤーロープ・繊維ロープ加工
お問い合わせ・ご相談
 

シモセン紹介

シモセンは、戦前より、この関門地域で、特に海の物流にかかわる仕事をおこなってきました。
海の物流に関わるということは、物を運ぶ資材、造船資材、港湾資材、荷役資材といったものです。船の資材といえば、エンジンと鉄板以外すべて取り扱っています。
膨張式救命いかだの整備もおこなっております。
タイタニックをご覧になったでしょうか?タイタニックが沈んだ時代は、木製のボートで逃げていましたが、現在では、船に積み込むスペースなどの問題で、ゴムボートに変わっています。いざ船が沈没というとき、小さく折りたたまれてコンテナに入っていたゴムボートが、ガスボンベによって自動的に膨らみ、それに乗って逃げます。
シモセンはその整備技術、整備量では、全国トップクラスです。
そして、海洋資材の専門商社として、北の造船所から沖縄の離島航路まで、海の物流を影から支え、海の安全を守るという誇りと責任を持って仕事をおこなっています。

 また、陸上資材においても、建築施工の免許を持ち、2001年4月にオープンした下関の海響館(水族館)においても、基礎金物、その他金属工事、緑地工事(芝生)と多くの仕事をさせていただきました。また同時期、乳製品加工会社の新工場にコンピュータで管理する自動物流システムを納品するなど、現在陸上資材でも多くの実績をあげており、今後は、機工部門の販売エリアを広げるべく努力しております。

現在日本は、政治も経済も、変革を迫られています。我社を取り巻く環境も、グローバル化の波で、外国の資材との競争になっています。
そのために、21世紀を生き抜くために、現在社内の若手社員を中心に、新生シモセンプロジェクトチームを立ち上げ、我社のコアコンピタンス、つまり、我社独自の営業の仕組みを作り上げている最中です。

 80年前、創業者が海運業から船具商に切り替えたのは、時代の変化と、関門という大陸への窓口である立地条件を生かし、物資の供給に尽力したらと志を立てたからです。この創業の志が、現在でも経営理念としてきちんと生きつづけています。
シモセンは創業の志を胸に、次の世代に向け、お役に立つ商社として、使命を全うしたいと思っています。





 

株式会社 シモセン
〒 750-0017 山口県下関市細江新町3番56号
TEL 083-231-2121/FAX 083-231-2128